マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

【名言・格言】松下幸之助が3英傑よりもエライ理由

【スポンサーリンク】

笑顔で項目にチェックをつける女性

こんにちは、マッキーです。

  

あの3英傑である「織田信長豊臣秀吉徳川家康 」よりも

松下幸之助さん」の方がエライ理由とは、一体なんでしょうか?

 

その理由は「松下幸之助さん」の言葉から知ることができます。

 

今回のテーマは、【偉人・名言】松下幸之助が3英傑よりもエライ理由 です。

 

 

3英傑の歌の紹介 

ホトトギスと織田信長のイラスト

「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」(織田 信長)

 

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす」(徳川 家康)

 

「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ほととぎす」(豊富 秀吉)

 

3英傑の性格を表しているおなじみの歌です。

 

 徳川家康の歌には、

「鳴くまで待とう」というフレーズが入っています。

 

皆さんは、「徳川家康」に対して、

どのような印象をお持ちでしょうか?

 

私は、この歌から「温和で優しい人」という印象を受けました。

 

 ホトトギスと徳川家康のイラスト

 

ちなみに、皆さんご存知、

フィギアスケートで有名な織田信成さん。

 

とても、織田信長のお名前にとても似ていますね。

 

そんな織田信成さんが、

記者の人に頼まれてこのような句を読みました。

 

「鳴かぬなら それもまたよし ほととぎす」

 

 はい(^-^)

 

いかにも!鳴かないのであれば鳴かなくても

「それでもいいやん」

と軽い口調で読んでいるように聞こえます。

 

 とても愉快な人という印象を受けました。

 

 松下幸之助さんと3英傑との深イイお話

やるなら、今ですよ!

松下幸之助さんと3英傑とのエピソードを紹介します。

 

幸之助さん「私は、信長、家康、秀吉よりもエライ」

 と言っていたという話です。

 

ここからは、

幸之助さんとその社員との会話をお楽しみください。

 

ある日、幸之助さんが社員にこのように言っていたそうです。

 

幸之助さん

「信長と秀吉と家康では、誰が一番エライと思う?」

  

幸之助さん

「信長はエライね。

ばか者と言われながらも今川義元桶狭間で破った天才。

常識を打ち破る発想の持ち主や!」

 

社員

「はい」

 

幸之助さん

「だけど、秀吉はもっとエライよ。

信長が悪かったところを学び、

その上周りの気遣いをかかさなかったからね。

人たらしで下層階級から天下人に登りつめた。

だから、秀吉は信長よりもエライんだよ」

 

社員

「はい、、」

 

幸之助さん

「けどね、家康はもっとエライんだよ。

自分の代だけで栄華を終えた秀吉の良いところと悪いところを両方学んで、

江戸幕府が終わる未来まで続くように経営したからね。

だから、幕府は260年も続いたんだ。

だから、秀吉よりも家康の方がエライんだよ。」

  

社員

「はい。なるほど」

 

幸之助さん

「けどね、信長よりも秀吉よりもエライ家康よりも実は僕の方がもっとエライんです」

 

社員

「?」

 

幸之助さん

「だって僕はね、

信長と秀吉と家康の良いところと悪いところを勉強して経営に生かしているからね」

 

幸之助さん

「けどね、君の方がもっと偉くなれるんです。

信長と秀吉と家康とボクの良いところと悪いところを学んで仕事に活かせば良いからね。

だから、君が一番偉くなれるんや!」

 

以上松下幸之助さんと3英傑のエピソードでした。

 

私たちは、その気になれば、

信長、秀吉、家康、松下幸之助さん(過去の偉人)にも、

学ぶことができるのです。

 

すでに先人が「成功」と「失敗」を経験してくれているのです。

 

だからこそ、先人たちの知恵をお借りして、

より良い社会に貢献できる人間にそだっていきたいですね!

 

松下幸之助さんについて知りたい方は下記に紹介しておきます。

 


 

 

  まとめ

松下幸之助さんと3英傑とのエピソードは、いかがでしたか。

 

今回は 「松下幸之助が3英傑よりもエライ理由」についてご紹介しました。

 

これで、現代社会がこんなにも急成長している理由がわかります。

 

ぜひ、松下幸之助さんのお言葉を思い出し奮闘してくださいね。