マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

【将棋】居飛車の囲いの特徴 まとめ

【スポンサーリンク】

こんにちは、マッキーです。

 

囲いにはそれぞれ特徴があります。

 

もちろん金銀を多く使えば、それだけ堅くなるのですが、

攻め駒の兼ね合いもあり、そういうわけにはいきませんよね。

 

金銀3枚でバランスよく囲いながら、かつ、堅いというのがベスト。

 

今回は、囲いの特徴を知る上で、

「囲いの堅さ、組みやすさ、実用度」をご紹介します。

 

 

囲いの特徴

金矢倉

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇◇

実用度   ◇◇◇◇◇

【 崩し方】

1.飛車を打ち込まれる

2.7八の金もしくは6八の金を狙われる

3.崩壊

  

▲6八金型矢倉

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇◇

【特徴】

通常の金矢倉から6七の金を6八に引いた形です。

通常の金矢倉に比べ横からの攻めに強いという特徴があります。

 

【 崩し方】

1. 金矢倉に比べ縦の攻めに弱い

例えば、第1図のように△7五歩のように攻められると弱いです。

 

【第1図△7五歩まで】

 

銀矢倉

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇

 

【特徴】

長所:銀矢倉は 銀が7八に利いている分、横からの攻めには強いです。

短所:銀矢倉なので7七に利いていないので、△8五桂のような攻めに困ります。

【 崩し方】

△5七の地点に利きがないので、と金や成桂を作られると崩壊。

 

船囲い その1

堅さ    ◇◇

組みやすさ ◇◇◇◇

実用度   ◇◇◇◇◇

 

【特徴】

簡単に潰れることはありませんが、対美濃囲いには堅さ負けをしています。

【 崩し方】

8七の地点が弱く、△8四香や△6五銀〜△7六銀で一気に詰めろがかかることがあります。

  

船囲い その2

堅さ    ◇◇

組みやすさ ◇◇◇◇

実用度   ◇◇◇◇◇

 

【特徴】

同じ舟囲いでも7九の銀を攻めに使い4八の銀を守りに使う形。

堅さよりもバランス重視の作戦です。

一段飛車から△7九金や△7七香の筋で攻められると、金銀が働かないまま寄せられてしまう可能性があります。

5筋の歩を交換するなど、▲6九香や▲5九歩受けを未然に作っておきましょう。

 

左美濃

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇◇

 

【 特徴】玉頭が弱いため、持久戦になって、△7四歩〜△8四歩と伸びていくると、△7五歩や△8五歩の攻め筋が気になってきます。

 

▲8八玉型位取り

堅さ    ◇◇◇◇

組みやすさ ◇◇

実用度   ◇◇

 

【特徴】

振り飛車に対する玉頭位取り戦法に使われる囲い。

 

堅陣の上に相手の美濃囲いにも重圧を加え、

この後▲8六歩〜▲8五歩とつけば攻めも見込めます。

 

7筋の位を奪還されると、

傷が残った銀冠となってしまいます。

7筋の位は死守しましょう。

 

【 崩し方】

△8四桂で銀を狙ったり、7筋の位を位を奪還したりします。

 

▲7八玉型位取り

堅さ    ◇◇◇◇ 

組みやすさ ◇◇

実用度   ◇◇

 

【特徴】

▲8八玉型に比べて囲いがやや薄いです。

 

一段飛車からの△7九金の攻めに注意しましょう。

 

位を維持する考えは▲8八玉型と同じです。

 

トーチカ

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇◇

 

【特徴】藤井システムをめぐる駆け引きから生まれた囲い。

振り飛車の仕掛けを封じながら囲います。

 

【 崩し方】

9筋からの攻めに弱いです。

 

四枚トーチカ

堅さ    ◇◇◇◇

組みやすさ ◇◇

実用度   ◇◇

 

【特徴】

トーチカから4八の銀を5九〜6八〜7九まで運んで、固めた囲い。

攻撃力は弱くなりますが、堅いです。

また、8八に銀がいるため、端攻めにも強い囲いとなっています。

 

【 崩し方】

7八の金が弱点です。

6七金を狙い、同金と取らせた一手で7八の金が外れるので、7八の金を攻めるのと同じ効果があります。

  

居飛車穴熊

堅さ    ◇◇◇◇

組みやすさ ◇◇

実用度   ◇◇◇◇

 

【特徴】

振り飛車に対する最強の敵となっている囲い。

穴熊の強みは「堅さ、遠さ」です。

 

【 崩し方】

桂香歩の3つの駒に攻められるのが弱点。

 

▲6七金型穴熊

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇◇

 

【特徴】

一段飛車や二段飛車からの端攻めで、

あっさり寄せられることがあります。

 

その薄さをカバーするために、

どこかで▲6八金と引いたりして飛車の横からの攻めに備えましょう。

 

穴熊は「堅さ+遠さ」があるので、

単純な寄せ合いになると強みを発揮します。

 

【 崩し方】

一段飛車や二段飛車からの端攻めで寄きりましょう。

 

松尾流穴熊

堅さ    ◇◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇◇

 

【特徴】

対ゴキゲン中飛車によく見られる囲い。

 

ここまで組めればほとんど弱点はありません。

 

金銀4枚を守備に使っているため、

攻めの糸口をつかむのには苦労しそうです。

 

銀冠穴熊

堅さ    ◇◇◇

組みやすさ ◇◇◇

実用度   ◇◇◇

【特徴】

銀冠から▲9八香〜▲9九玉と進めた形。

 

この玉形を見ると、

▲8六歩・8七銀型より▲8七歩・8八銀型の方が良いです。

 

つまり、この囲いは手をかけた割りに堅くなっていないません。

 

このままでは、手損が残るだけなので、

第2図のような形を目指してあげましょう。

【第2図】

【 崩し方】

攻略するには7八の金を攻めるのが急所です。

受けるときは△8五歩から銀頭を攻め、金銀の連結をバラバラにしましょう。

  

ビッグ4

堅さ    ◇◇◇◇◇

組みやすさ ◇

実用度   ◇◇◇

 

【特徴】

4枚の金銀が縦横に連結しあい、

端攻めの心配もなく、

堅さ、遠さ、全てにおいて理想的な構えです。

 

もちろん、金銀4枚で固めているので、

攻めの糸口を見つけるのは難しいでしょう。

 

【 崩し方】

この形には 堅いので、突破は難しいので、厚みで抑えて「姿焼き」を目指しましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は「居飛車の囲いの特徴 まとめ 」についてご紹介しました。

 

囲いの特徴を知ることで、より有利に戦いを進めることができます。

 

まさに、「己を知り、敵を知れば百戦危うからず」ですね。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。