マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

SEOを意識したWebライティングをするたった2つの理由

【スポンサーリンク】

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、
検索結果で自社サイトを多く露出をするために行う対策のことです。検索エンジン最適化とも呼ばれます。


アクセス数を伸ばすだけであれば、
TwitterFacebookなどのソーシャルメディアで、
サイトについて言及してもらえばいいと考えるかもしれません。

 

ただ、それらソーシャルメディア経由のアクセスよりも、
検索エンジン経由のアクセスのほうが優れている点があります。


今回は、SEOを意識したWebライティングをすることにより、どう集客に影響するのかをご紹介します。

 

 

 


「そのコンテンツ(情報)」を求めている人を集約しやすい

黒服にサングラスの集団のイラスト

検索エンジンを使う人の多くは、
自分の悩みや質問に対する「答え」を求めて検索を行います。

 

例えば、【ダイエット 成功】というキーワードであれば、
「ダイエットを成功させるための方法」を知りたいと考えていますし、

 

【将棋 戦法 まとめ】というキーワードであれば、
「将棋の様々な戦法」を知りたいと考えているのです。

 

そのため、自分の興味のあるコンテンツが検索結果に表示された際には、積極的にアクセスするなど、そのアクションも能動的になります。

 

このように、ユーザーに能動的にアクセスさせることを
「プル型」のアクセス
と呼びます。

 

一方、
TwitterFacebookなどのソーシャルメディアで、
一方的に情報を発信し、その情報を見つけた人にアクセスしてもらうことを
「プッシュ型」のアクセス
と呼びます。

 

「プッシュ型」のアクセスの利点

・「プル型」のアクセスに比べ、その情報を求めなていないユーザーの目にも触れる

 

 

 

継続して露出することができる

検索エンジンであなたのサイトが上位表示されれば、
検索順位が下がらない限りは、
検索ユーザーからの継続的なアクセスを期待することができます。

 

一方、
TwitterFacebookなどのソーシャルメディアでは、
基本的には情報が時系列に並ぶため、
古い情報は新しい情報より露出しにくくなります。

 

その点、検索エンジンでの露出は、情報の新しさだけが評価されるのではなく、
検索ユーザーのコンテンツにあった内容であるかどうかに視点を置いています。

たとえ、1年前に公開されたコンテンツであっても上位表示される場合もあります。

 

 


まとめ

今回は「SEOを意識したWebライティングをするたった2つの理由」についてご紹介しました。

SEOを意識したWebライティングをすることで、

・コンテンツを求めている人を集客しやすい。

・継続してコンテンツを必要としている人の目に触れる。

という効果が得られます。