マッキー将棋ブログ

本ブログでは、役に立つ居飛車の「戦法」や「考え方」をシンプルに発信しています。

将棋初心者必見!居飛車・振り飛車オススメはどっち?

この記事をシェアする

こんにちは、マッキーです。

 

将棋を始めるにあたり、

これから「居飛車」で指すのか「振り飛車」で指すのか迷いますよね。

 

そんな、どちらで指そうか迷っているあなたが、

どちらを指したいか決断する支えになればと思いこの記事を書きます。

 

今回は、「将棋初心者必見!居飛車振り飛車どっち?」をご紹介します。

 

 

将棋とは

将棋は奥が深いゲームです。

 

初心者のうちは使う戦法を1つに絞りましょう。

 

使う戦法を1つに絞ることで、

「この戦法ではこのようにさせば良いのか」

という攻めの感覚をつかめます。

 

また、その1つに絞った戦法(定跡)を学んでいくうちに、

中盤時の「攻め・受けの手筋」を同時に学ぶことができるのです。

 

まずは、1つの戦法を極めてみることで、

将棋の感覚をつかみましょう。

 

あらゆる戦法をいろいろ学ぶよりも1つに絞った方が、

効率的に上達するので、

早く強くなりたい人にはオススメの方法です。

 

たった6カ月で「将棋ウォーズ三段」になった理由とは

私の将棋部の先輩で、

たった6ヶ月「将棋ウォーズ三段」

になられた方がいらっしゃいます。

 

その先輩が愛用していたのが「角交換振り飛車」。

 

 たった6ヶ月でここまで強くなれた理由を考察していきます。

 

 

先輩いわく、 

 

戦法を一つに絞ったほうが良いと聞いたから、角交換四間飛車だけ指してるんや。

 

(・・・おそらくこのような口調だったような。。。) 

 

だから、

先輩は「角交換振り飛車」という1つの戦法に絞って、

将棋の勉強をしていたそうです。

 

また、将棋ウォーズでは課金をしており、

対局を多く重ねていました。

 

この状況から考察すると、戦法を1つに絞り、

対局数を重ねることが

棋力を効率的にあげる方法

であることがわかりました。

 

居飛車振り飛車どっちがオススメなん?

黒子の手旗信号10

結局、「居飛車」と「振り飛車」どちらがオススメなのでしょうか?

 

居飛車の特徴

・覚えるべき定跡が多い。

・近年、プロにも多用されており、優秀。

 

振り飛車の特徴

・一つの戦法に絞って効率的に棋力を伸ばせる

 

最低でも、居飛車は「相居飛車」と「対振り飛車」の2つの対策をしなくてはいけません。

 

だから、

居飛車党」は「振り飛車党」よりも上達に時間がかかりますが、

定跡を通して、基礎が出来ているので有段になってからの上達は早いです。

 

じっくりでも良いから、たくさんの戦法を知り、

確実強くなっていきたいと感じる初心者には「居飛車」をオススメします。

 

一方、

自分が指したい戦法を1つに絞ることができるのが「振り飛車」。

 

だから、

スピード上達を重要視している初心者には、

振り飛車」が人気であると考えられます。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は「将棋初心者必見!居飛車振り飛車どっち?」についてご紹介しました。

 

居飛車

・覚える戦法が多い

・近年、プロにも、有力として多く愛用されている

 

振り飛車

・一つの戦法に絞って棋力アップをはかりやすいので、

早く強くなりたい人にオススメ

 

この記事で、あなたが「居飛車党」になりたいのか、

振り飛車党」になりたいのかを選ぶ際の決断の支えとなれば幸いです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。