マッキー将棋ブログ

本ブログでは、役に立つ居飛車の「戦法」や「考え方」をシンプルに発信しています。

なんちゃってひねり飛車 端歩つけた時の戦い方

この記事をシェアする

 www.msk-shougi.com

 

上の記事では、

端歩をつき越し、急戦を仕掛けるとうまくいくとご紹介しました。

 

本記事では、端歩をつき越してから、

具体的にどのような戦いを起こしていくのかを見ていきます。

 

 

端歩をつき越し、そして急戦へ

【第1図は△7二銀まで】

第1図からの指し手

▲1六歩、△3四歩、▲1五歩、

△4二玉、▲3八銀、△6四歩、

▲7六歩 (第2図)

  

 分岐点・△3四歩

▲1六歩には△1四歩と受けられるときが多いですが、

今回は先手が端歩をつき越せた 場合を見ていきたいので割愛させていただきます。

 

 

【第2図は▲7六歩まで】

 

第2図以下の指し手

△8六歩、▲同歩、△同飛、

▲8七歩、△8二飛、▲3六歩、

△6三銀、▲3七桂、△5四銀 (第3図)

 

右翼で戦う

先手が目指すのは▲3六歩から▲3七桂という攻撃態勢です。

 

右翼で戦うので、

8筋からの攻めは平凡に▲8七歩と受けましょう。

 

 

【第3図は△5四銀まで】

第3図以下の指し手

▲3五歩、△同歩、▲1四歩、

△同歩、▲1三歩、△同香、

▲2五桂 (第4図)

 

【第4図は▲2五桂まで】

 

 

先手の攻勢点

第4図以下、先手の狙いは、

▲1三桂成、△同桂、▲3四香 。

 

この戦いは先手が十分やれる戦いだと言えます。

 

まとめ

 以上が端歩をつき越せた時の戦い方でした。

 

端歩がつき越せたら、

▲3六歩から▲3七桂という攻撃態勢

を作る!

 

 

ということを覚えておくと、

ひねり飛車を指す上でより戦いを有利に運ぶことができます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。