シキ趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

1日が25時間に!?時間を節約するための10のコツ

【スポンサーリンク】

f:id:shougioden:20180228232650p:plain

 1日1時間節約できたら、
年間では何時間手に入れることができるでしょうか?

 

・・・1年だと・・・

365時間もの時間を節約できることになります。 

 

数ヶ月続けるだけで、
1つ資格が取れてしまいそうですね。
!(◎_◎;)

 

ここで、この記事を読んでいただいている方へ

先に謝らせてください。

「ごめんなさい!」

 

・・・どういうことかと言いますと・・・
題名で、「1日が25時間!?」と大げさに言っていますが、、
(^_^;)

 

その根拠をトークするために、1つだけ質問させてください。

「皆さんは万人にとって平等なものは何だと思いますか?」

  ・

  ・

  ・

そう、「時間」です。

 

万人にとって、
1日は24時間です。

 

特定の人の1日が23時間・25時間ということはありません。

 

また、1時間を延ばしたり、逆に縮めたりできません。

 

巻き戻したり、早めたりもできません。

 

さらに時間は貸し借りができません。

保存することもできません。

 

1日は24時間と決まっています。


だから、実際に1日を25時間に増やすことは不可能です。
ごめんなさい・・・m(_ _)m

 

話はだいぶそれてしまいましたが、
時間自体を増やす事はできなくても、
時間の使い方次第で、簡単に変えることができます。

  

家族とふれあいの時間や趣味の時間を増やすためにも、
時間節約術を使って、
時間をどんどん節約していきましょう。

 

 

時間を節約するための10のコツ

to doリストを作る

to doリストを作って、
頭の中のタスクをリストに書き出してからやるべきことを整理する。


これだけでも頭のなかの混乱と非効率を防げることができます。

 

最もやりたくないタスクを先に片付ける

結局やらなければならないものなら、
先にやることで不快な時間を最低限に抑えられますし、
タスクの先延ばしを避けられます。

 

作業デスクを片付けよう

作業していることに必要ではないものは、
すべて見えないところにおきましょう。

 

人は視界に入るものを無意識のうちに考えてしまう生き物です。

 

作業デスクを片付けるだけで、
作業効率が良くなります。

 

午前中を有効活用

夕方に1時間作業時間を延ばしても
結果はあまり変わりません。


それよりは1時間早く作業に取りかかり始めた方が効果が大きいです。


昼や夜よりも朝の方が脳の働きが良いという研究結果があります。

 

SNSを使うの時間を決める

携帯を一度いじりだすと、
SNSなどで時間をつい浪費してしまします。

 

SNSは1日に〇〇時間まで」

SNSは1日に3回まで確認する」

などのSNSを使う時間を管理すると良いでしょう。

 

お金で時間を買う

お金で解決できることで、
時間も同時にセーブできることなら、
コストとメリットをよく考えて、
お金で解決してしまうのも一つの手段です。

  

記憶力を強くする

研究によると、
一年に人は20時間も、
忘れたことを思い出したり、
考えたりすることに時間を使っているそうです。

 

記憶力を訓練するのは長い目で見て、
非常に大きな時間節約になります。

 

スキマ時間をうまく活用する

現代人のムダなスキマ時間は1日平均1時間9分と言われています。

 

空いた「スキマ時間」を意識して過ごすことで、
自分ひとりの大切な自由時間に変えていきましょう。

 

日記書いて、1日の反省をする 

一日の行動を記録しておき、後から改善点が無いか見直します。

 

日記に書くことで、
自分の正確な行動記録が残ります。

 

日記を見直し、次の行動の予測が立てやすくなります。

 

何を食べたかを書いておくと、後から反省できます。

 

また、家計簿など、日常のことを記録に残すことは、
時間節約の改善への第一歩につながります。

 

 やりたくないことリストを作る

 自分は本心がどんなことを望んでいるのかが浮き彫りになり、
本当にやりたいことを見つけることができます。

 

これにより、やらなくてもよいことに時間を使わなくて済みます。

 

まとめ 

 以上が「時間を節約するための10のコツ」でした。

 

この記事を最後までお読みいただきありがとうございました。