マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

読書だけじゃダメ!自己成長するためのシンプルな1つの方法

【スポンサーリンク】

読書の秋(フォトモンタージュ)

こんにちは、マッキーです。

 

自己成長のために読書をすることは楽しいですよね。

 

しかし、読書の知識を活かしきれないのは、悔しいですよね。

 

そんな読書を読書のままで終わらせてしまう人でも、知識を知恵に変えることができるシンプルな方法があります。

 

今回は読書で得た知識を知恵に変える方法をご紹介します。

 

 

読書の目的を考えよう

詠唱したらカモメが出てきた(フォトモンタージュ)

読書の目的って何だと思いますか?

 

「仕事力UP」「効率から得られる時間」「収入UP」「ストレス解消」などが挙げられます。

 

それらを1つにまとめて言うと、「自己成長」です。

 

私たちが読書をする理由として、最終的な目標は「自己成長」なんです。

 

しかし、あるサイトを見ていると、

 

「自己成長を目的にした読書はオススメできない」

 

と主張しているものがあります。

 

その理由をご紹介します。

 

「仕事のために今週中に読まなければならない」

 

「資料作成のために、明日までに目を通さなければならない」

 

このように、仕事のために本を読むと、「やらされた感」が出るそうです。

 

その上、逆に本を読むことがストレスになり、せっかく読んでも、記憶に残らないし、身につくこともないそうです。

 

これを読み、「ムムッ」と感じました。

 

確かに、仕事のために本を読むことでやらされた感を感じる人がいるかもしれません。

 

しかし、「そんな風に感じている時点で、その人は仕事向きじゃないよ」ってことです。

 

私が知っている成功者の皆さんは、働いている会社がより利益を上げることができるように自分も成長したいと考えているんです。

 

いうならば、成長する人たちは謙虚なんです。

 

成功者なら、こういうはずです。

 

「仕事の利益を上げるために、自分ももっと成長したい」と。

 

 

 

自己成長につながるシンプルなたった1つの方法

誤植を発見し興奮する校閲ボーイ

それは、

 

インプット(読書)➡︎知識の整理(自分なりの考えとして改善する)➡︎アウトプット(人に伝える)

 

です。

 

①インプット・・・まずは、読書をすることで、著者の知識を吸収します。

 

②知識の整理・・・知識の整理を行うことにより、自分なりの知恵に変えましょう。

知識の整理というのは、他人の言葉を自分の言葉に置き換えてみたりします。

これは、考える頭があればいつでもできることfです。

 

③アウトプット・・・実際に、得た知識を人に伝えることであなただけの知恵に変えましょう。

 

この3ステップを①➡︎②➡︎③➡︎①➡︎・・・というように、繰り返していくことで読書で得た知識があなたの知恵へと変わり、自己成長へと繋がっていきます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、「読書だけじゃダメ!自己成長するためのシンプルな1つの方法」についてご紹介しました。

 

今回紹介したこの3ステップを踏めば、自己成長すること間違いなしです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。