マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

【将棋中盤編】低い陣形と厚みの陣形のそれぞれの考え方とは

【スポンサーリンク】

f:id:shougioden:20180223000043p:plain

 

こんにちは!マッキーです。

 
みなさん!中盤でどのような手を指して良いのか困ったことはありませんか?
 
実は私、この考え方を知るまで、
「次にどんな一手を指せばえんやろ?」とわからない時は、
とにかく無理にでも仕掛けて自滅をしていました。
 
ぶっちゃけ「多少無理でも攻めたらなんとかなるやろー」と思っていました。

でも、
ある考え方を意識するだけで無理な手が「グッ」と減り、
棋力・勝率が上がりました。

今回は、将棋初心者に優しい!陣形別の考え方をご紹介します。

陣形別の考え方

低い陣形と厚みの陣形の違いを知りたいようですね。
ではさっそく、この2つの陣形それぞれの考え方を身につけて戦い上手になりましょう。

 

はい!
まずは低い陣形の特徴を教えて欲しいです! 

 

低い陣形の特徴は、自陣に駒を打ち込まれるスキが少ないから、
積極的に駒交換を狙っていけます!
飛車や角を持ち合って敵陣に打ち込み、
ワンサイドなんてことも・・・あるかも。

 

ワンサイドですか!?
低い陣形の時はドンドン駒を交換しにいけば、いいんですね。

 

そうです。
ただし、注意が必要なこともあります。

 

注意ですか?
単調に攻めるだけではダメっていうことですか?

 

はい。
低い陣形は、「歩」や「金・銀」の進出がないため「飛・角・香・桂」の飛び道具や持ち駒を頼った戦いになります。
だから、攻めをうまく続けることができないと、
攻めが切れてしまうので注意が必要なのです。

 

なるほど、そうなんですね!
次の対局から、低い陣形の時は「飛・角・香・桂」の飛び道具を使って単調に攻めることを意識します!
低い陣形の考え方は少しだけ分かった気がします。
次は、厚い陣形の考え方を教えてください!

 

了解です。
ガル吉、1つだけ質問させてもらいます。
ガル吉は厚みの陣形といえばどんな陣形を想像しますか?

 

うーん・・・
『玉頭位取り』や『5筋位取り』ですか?

 

おおっ!
もし、その状態で飛車交換をしあうと、
どちらの形勢が悪くなるのと思います?

 

居飛車だと思います。
自陣に飛車を打ち込まれるスキが多く、
裏から攻められると弱そうです!

 

その通りです!
厚みの陣形は「歩」や「金・銀」の裏側からの攻めには弱く、
自陣に飛車を打ち込まれ、
直接負けにつながることも少なくないのです。
対策として、派手な駒交換は避ける必要があります!

 

やったー!
正解だー( ´ ▽ ` )ノ
厚みの陣形は、
駒交換されて、自陣に駒を打たれるのが弱点なんですね!
ところで、厚みの陣形の勝ちパターンは一体・・・何ですか?

 

厚みの陣形は5筋位取りのように位を取り、
4段目に金銀を押し上げるのが一般的です!
だから、相手の攻め駒を押さえ込み、
じわじわと優勢を拡大させていくのが勝ちパターンなのです。

 

なるほど〜!
低い陣形のときとは違って、
厚い陣形のときは駒交換を避けつつ、
相手の攻め駒を抑え込むことを意識すれば良いんですね!

 

そうです!
『彼を知り己を知れば百戦危うからず』という言葉もあるように、
敵陣と自陣の特徴を知ることで、より勝ちやすくなります!
ガル吉の棋力upするときを楽しみにしてます!

 

ありがとうございます!
頑張ります!
これからは、陣形もちゃんと意識して指します!

 



まとめ

 
いかがでしたか?

今回は「【将棋中盤編その1】低い陣形と厚みの陣形のそれぞれの考え方とは」についてご紹介しました。

低い陣形の時は・・・

・単調に攻める

・攻めが切れないように注意する

 

厚みの陣形の時は・・・

・相手の攻め駒を抑え込むように攻める

・駒交換を極力避ける

 

陣形の違いを知って、自陣と敵陣に注目すると、どんな手を指せば良いのかおのずと見えてくると思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。