マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

7つの習慣に学ぶ!自分らしく人生を生きるコツ

【スポンサーリンク】

自分らしく生きるということについて・・・。

 

自分らしく生きるって、難しいですよね。

 

1、2世代前と比べれば、
1人の人の生き方として認められる選択肢の数は、
確実に増えています。

 

しかし、「選択肢が増えて生きやすくなった」と言いきれない面もあります。

 

自分の価値観にしたがって、
自由に正直に生きて構わないんだよ。

 

 私は、この言葉でかえって迷いがうまれてしまいました。

 

そんなときに出会った本がまんがでわかる7つの習慣です。

 

 今回は、「7つの習慣」が教えてくれた自分らしく人生を生きるコツをご紹介します。

 

 

登場人物:ガブ吉

「自分は幸せだ」と思いたくて周りと比べてしまう

豊かさのマインド

「この道でいいんだ」と確信していない状態だと・・・

 

「他にもっと幸せになれる方法があるのでは?」と目移りしてしまいます。

 

「私の取り分であるはずの幸せを誰かにかすめ取られていないか」
と言う不安もあるからです。

 

自分の選択肢は正解だった・・・と思いたい!

だから!
友達に、自分の幸せを同調されると、
無意識のうちに自分の幸せを語ってしまい、
張り合ってしまいます。

 

私は幸せだ。あなたもそう思うよね?

・・・と同意を求め、
幸せなふりをします。

 

ガブ吉は、 「豊かさのマインド」が欠けているといえます。

 

豊かさのマインドとは・・・
「幸せの量は無限であり、世界中の全員が満たしてもなお余りがある」 というパラダイム

 

 豊かさのマインドを持ち、
自分の生き方が指名に即したものだと確信できていれば、

今はこの道で精一杯頑張って幸せになろう。
状況が変わったら、また新しい使命をやり遂げて幸せをつかめばいい。

と思えるはずです。

 

どの道にも生きがいと幸せはあります。

 

人をうらやむ必要はないと思いましょう。
すると、焦りがなくなります。

 

Win-Winで考える

 豊かさのマインドは、
人間関係を前提とする第四の習慣。

 

すなわち、「Win-Winを考える」です。

 

人生の選択に迷いが生じたときは、
ぜひ、思い出したいものです。

 

 自分の役割を思い出し、どれも誠実に果たす道を探す

 人と「幸せ度」を比べてしまう人の特徴

人と比べないと自分が幸せかどうかわからない人は、
自分の中に幸せの基準をもっていないことに問題があります。

 

 結局、世間の声や常識にとらわれ、
型にはまってしまった幸せを求めてしまいますが、
それでは誰かの生き方をなぞるだけ。

 

そこに自分の心が真に満たされることはありません。

 

本気で自分らしい生き方を見つけるために

本気で自分らしい生き方を見るけるためには、

自分は本当はどう生きたいのか

を、嘘偽りのない心境で自分に問い必要があります。

 

自分の良心に尋ね、
その答えに耳を澄ませ、
客観的に認識します。

 

そのため、コヴィー博士は、
ミッション・ステートメントの作成をススメています。
(第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」)

 

ミッション・ステートメントとは、
自分の根本的な価値観に基づいた理想的な生き方、
あり方を文章化したもの。

準備段階として、
自分の役割を紙に書き出し、
それぞれに誠実に果たす人間としてどうありたいかを考えます。

 

◯ガブ吉の場合・・・ 

 ・恐竜学校の生徒

ー友人

ー先輩

・マッキーブログのヒロイン

・地域社会の一員

 

ガブ吉の場合、
条件を書き出していくことよって、
地域社会の一部であり、
ブログの登場人物としての役割を果たしていることに気がつきました。

 

 自分の幸せのために他者の幸せを考える

 あなただけの人生を送るために

今はガブ吉が発した
「こう生きたい!」
という声。

弱くてか細い声だから、
日々更新し、
強く育てていく必要があります。

 

そのためには第7の習慣「刃を研ぐ」ことが欠かせません。

 

肉体、精神、知性、社会・情緒という4つの側面をたゆみなく磨くことで、
両親に基づく自分の生き方を、より堂々と表現していけるようになるからです。

 

その結果、誰かのレールに敷かれる人生を歩むのではなく、
この世に1つだけしかない!
あなただけのシナリオに基づいて、
人生を送ることができるようになります。

 

まとめ 

 今回は「7つの習慣に学ぶ!自分らしく人生を生きるコツ」についてご紹介しました。

 

選択肢が大きく増えた現代。

 

逆に自分らしく生きることに不安を抱える人も多いです。

 

自分らしく人生を生きるコツとして、

・「自分は本当はどう生きたいのか」を、嘘偽りのない心境で自分に問う

・「こう生きたい!」という感情を強く育てていく

 ということをご紹介しました。

 

自分の生き方について困ったら、
自分は本当はどう生きたいのかを、
嘘偽りのない心境で自分に質問を投げかけてあげてくださいね。

 

 ここで、参考にさせていただいた「7つの習慣」という本をご紹介をさせていただきます。

 

私は、30冊以上の自己啓発本を読んできましたが、
「7つの習慣」の右に出るものがないというくらいの感覚でいます。

 

人生のバイブル本なのに、シンプルでわかりやすい内容になっています。

 

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]