シキ趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

接客用語や敬語は大丈夫?間違った敬語&マナー6選

【スポンサーリンク】

お客様やバイト仲間や先輩と接するとき、
おかしな敬語でマナーのない子って思われたくないですよね。

 

そこで、ここでは間違いやすい敬語をチェックしていきます。

 

 

 つい、やってしまいがち!間違った接客用語

普段、敬語や丁寧語だと思って何気なく使っていた言葉が、
実は間違っていることが多くあります。

 

では、どういった言葉使いが間違っているのか見ていきましょう。

 

よろしかったでしょうか

日常会話で相手に内容を確認する際、

これでよろしかったでしょうか?

 という言い方をする時があります。

 

しかし、確認しているのは今起こっていることなので、
過去形の表現は適切ではありません。

 

次のように言いましょう。

よろしいでしょうか?

 

 〜のほう

主に目上の人に用いられる「方(かた)」と
ものの比較を表す「方(ほう)」がよく混同されます。

 

こちらのほうで、よろしいでしょうか?

は間違った言い方です。

こちらでよろしいでしょうか?

に直しましょう。

 

 〜になります

「なる」という動詞は、
Aが別のBに変化することを表します。

 

したがって、変化しないものに対して、
「なる」を使用するのは間違いです。

お手洗いは、この突き当たりになります。

ベーコンエッグになります。

 は間違った言い方です。

この表現だと、、

ガブ吉が「ベーコンエッグ」になってしまいます。

ベーコンエッグのイラスト

お手洗いは、この突き当たりでございます。

ベーコンエッグでございます。

が正しい言い方です。

 

 〜からお預かりします

 

1000円からお預かりします

「お預かりします」という敬語は正しいのですが、
「から」との組み合わせが良くありません。

 

「から」を使うのは、「誰か」から預かる場合です。


コンビニの会計時などに「1000円からお預かりします」という言い方をよく耳にします。

 

しかしこれでは、
敬語の対象となる「人」からではなく、
「モノ」から預かっていることになり、間違いです。

 

モノを受け取る際は、

「〜をお預かりします」

という言い方が適切です。

 

会計の例では「1000円お預かりします」と言いましょう。

 

ちょうどお預かりします

 

1000円ちょうどお預かりします

 

今度は「ちょうど」と「お預かりします」の組み合わせが間違いです。

 

モノを預かったら返す必要があります。

 

しかし、会計金額がちょうどの場合、
こちらから返すお金は存在しません。

 

したがって、「ちょうど」には「いただきます」を合わせ、

1000円ちょうどいただきます

と言うようにしましょう。

 

〜なるほどですね

「なるほどですね」は、
「なるほど」+「そうですね」というフレーズです。


正しい敬語ではありません。

 

同意を示すフレーズとして言い換えるなら、
「おっしゃる通りです」や、
シンプルに「はい」としたほうが良いでしょう。

 

 まとめ

バイトの現場でとっさに敬語が必要になったとき、
いつも話している言葉から、
つい誤った敬語を使ってしまうことがあります。

 

接客業における敬語の誤用はその人だけでなく、
店全体のイメージを悪くしてしまいます。

 

お客様にとって、バイトの人も社員もみんな同じです。

 

お客様の目の前にいる人すべて「店のイメージ」につながります。

 

自分も店を代表している一人であるという自覚を持ち、
正しい敬語を心がけることが大事です。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

バイトで使える様々な場面での接客用語をまとめていただいているサイトが

タウンワークマガジン」です。

下記に紹介させていただきます。

townwork.net