マッキー趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

Google音声入力を使って記事を書いたみた感想(Mac)

【スポンサーリンク】

f:id:shougioden:20180307105417j:plain

 

 

 

音声入力のメリット・デメリット

書く記事を全く思いつかなかった時は、

一体何すればいいんだろう?

と思いました。

 
「何も書くことが思い浮かばないときは、とにかく音声入力で適当につぶやいていたら良い」ということをどこかのブログに書かれていたことを思い出しました。

 

ということで、(実際にやってみました)
・・・ただ今、
音声入力で書く記事が思いつかないまま、
つぶやております。

 

この記事が初めての音声入力の記事なのですが、

音声入力ってすごすぎかよ!

というくらいすごいです。

(語彙力の少なさ・・・)

 

一体どこがすごいのか。メリットは次の3点です。

メリット

・たった数分で記事が書ける点

・適当にマイクに向かってしゃべているうちにいつの間にか文章が出来上がっている点

 ・寝ながら記事を書ける点

 

いつも記事書くときは、
同じ姿勢を何時間もして、当たり前でした。

当然、体にも負担がかかりますので、
健康に悪いです。

 

私が記事を書くのに、いつも30分以上かかっており、
長いときは4時間以上かかかっていました。
音声入力に出会い、

こんな簡単に記事書けるんだ!

と感動しています。

 
また、Google音声で音声入力することで、
寝ながらでも、頭の中にイメージ浮かべながらしゃべるだけで文章が出来上がっているのが魅力です。

書いてたらいつのまにか文章が出来ていて、

しゃべるだけで記事が書けるって夢見たいだ!

って、うれしくて仕方なかったです。

♪( ´▽`)

 

デメリット

デメリットしては、次の1点があります。
・声を出しても周りに迷惑かからない場所でないとできないという点

 

 コツ

音声入力は始めたばかり(2018/2/23)なので、
正直なところコツとかはまだよくわかっていません。

 

しかし、下記の記事を参考に、自分なりの手順を見つけました。

www.blog-support.com

 

私が音声入力をする上で意識していることは、
1.最初に音声入力で一気にしゃべる
2.次に記事を一気に編集していく

1→2という流れで記事を書いています。

 

いきなり清書する覚悟でしゃべると緊張したり、
逆に時間がかかってしまったので、
思いついた文章をドンドン喋って入力してから修正するのがいいと思います。

その方が早く入力できます。

 

音声入力は無料で使えるの?

マックには最初から無料で使える音声入力が備わっています。

 

fnキーを2回連続でポチポチっと押すと、
マック用音声機能が出てきますが、
音声認識があまり良くなかったです。
(私の滑舌が悪いのですが・・・)
(^_^;)
 

そこで、他に無料で使える音声認識がないかと探してみました。

 

そこで出会ったのがGoogleドキュメントです。


GoogleドキュメントのGoogle音声入力を使って音声入力をしました。

 

無料で使える音声入力の中で
音声認識度が一番高いため(私が知る限り)、
スラスラとしゃべったことが文章化されていてとても楽でした。

  

私の場合、より音声認識精度を上げたかったので、マイクを購入しました。

 

 

 まとめ

以上が「Google音声入力を使って記事を書いたみた感想(Mac)」でした。

 

音声入力は、タイピングで記事を書くよりもグッと時間が短縮できて、点数をつけると100点です。

 

これからは音声入力を使って、記事を書いていこうと思います。

 

ブログを書くうえで、
音声機能はとても素晴らしい 機能ですので、
まだ使われていない方は、
使ってみることをオススメします。