シキ趣味ブログ

本ブログでは、将棋の戦法(主に居飛車)や上達法をご紹介します。

【将棋 戦法】△8五飛戦法のはじまりはじまり〜

【スポンサーリンク】

f:id:shougioden:20180308013007p:plain

こんにちは、マッキーです。

 

今回は、△8五飛戦法のはじめりを見ていきます。
(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

 

△8五飛までの流れ

初手から見ていきますね。 

▲7六歩、△3四歩、▲2六歩
△8四歩、▲2五歩、△8五歩
▲7八金、△3二金 (第1図)

 

【第1図は△3二金まで】

 

横歩取りの定番の形ですね。╰(*´︶`*)╯


先手は、いきなり▲2四歩と右ストレートを仕掛けていきます。

 

横歩取りの魅力は序盤からの激しい戦いが起こるところです。(`・ω・´)+ 

 

第1図からは、
▲2四歩、△同 歩、▲同 飛
△8六歩、▲同 歩、△同 飛

 と進み、第2図へ。

 

【第2図は△8六飛まで】

 ここまでは、横歩初心者の方でも、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

次に先手は、▲3四飛と指し、(参考図)

 

【参考図は▲3四飛まで】

 

▲3四飛に対し、後手には、

・3三角戦法

・3三桂戦法

・相横歩取り戦法...etc

といった選択肢があります。

8五飛戦法を作戦にしていますので、今回は「3三角戦法」を選択しています。

 

参考図以下の指し手は、
△3三角、▲3六飛、△2二銀
▲8七歩、△8五飛 (第5図)
と進み、第5図へ。

 

【第5図は△8五飛まで】

 

今だと、3六飛と引かずに3六歩と突いてくる指し方も多いです。
(話がそれるのでカットーー)( ̄¬ ̄) クチチャック♪

 

第5図が△8五飛戦法の始まりです。

ここからの戦いが桂馬をポンポン跳ねたり、中原囲いにしたりと夢いっぱいの8五飛車戦法なのです。

△8五飛車戦法を指そうか悩んでいる初心者の方にポイント1つをご紹介します。

 

ポイント

「先手が▲8七歩を打つまでは、△8五飛と引かない」ことがポイントです。 

 

もし仮に、先手が▲8七歩を保留してきたとき、先に8五飛と引いてしまうと・・・どうなるのでしょうか?

 

例図から見ていきましょう。
\\\\ ٩( 'ω' )و ////

 

【例図は△6二銀まで】

 例えば先手が例図から、▲9六歩と▲8七歩を保留してきたとします。ここで、後手が△8五飛と引くと・・・

 

▲7七桂、△8二飛、▲8五歩という展開になり、飛車を8五に引いた手が一手損になってしまいます

 

横歩のような、激しい将棋では、「一手が、命取りになる・・・」( ̄Д ̄;;というケースも少なくないです。

 

まとめ

今回は「△8五飛戦法のはじまりはじまり〜」でした。

 

この記事で伝えたかったことは、この2つ。

・8五飛戦法は指していて、自由で楽しい!

・▲8七歩保留には、△8五飛と引いてはいけない。

 

「△8五飛戦法って何?もっと知りたい!」という方は、下記の記事で!

 

 

これからもゆるーく記事を書いていきます(´~`)

 

最後まで記事をお読みいただきありがとうこざいます。
ヾ(*'-'*)マタネー♪