シキ趣味ブログ

本ブログでは、将棋の戦法(主に居飛車)や上達法をご紹介します。

【将棋 戦法】横歩取り△8五飛戦法の基礎知識その0

【スポンサーリンク】

f:id:shougioden:20180308150443p:plain

こんにちは、マッキーです。

 

今回は△8五飛戦法の基礎知識その0を見ていきます。

 

本記事は基礎知識その1〜3の前置きとなります。

 

基礎知識はその1〜3まであります。

1つ1つ記事にしていきます。【2018/3/8(現在)】

 

 

基礎知識その1

【第1図は△2二銀まで】

第1図以下の指し手は、
▲8七歩、△8五飛、▲2六飛
(第2図)

 

【第2図は▲2六飛まで】

 

▲8七歩は、後手の飛車の引き場所を決めさせる手。後手の飛車の位置によって、先手側も方針を決めます。

 

△8四飛や△8二飛と後手にはたくさんの選択肢がありますが、この記事で後手が飛車を引くオススメの場所は、もちろん△8五飛です。

 

では、続きを見ていきます。第2図から、後手は△4一玉。(第3図)

 

【第3図は△4一玉まで】

 

後手は△4一玉と寄り、△6二銀〜△5一金(参考図1)の囲いを目指します。これは「中原囲い」と呼ばれます。

 

【参考図1は△5一金まで】

 

ここで、注意点が1つあります。△4一玉で、先に△6二銀(参考図2)は危険です。ダ━━乂(・ω・´ = `・ω・)乂━━メッ!!

 

【参考図2は△6二銀まで】

 

 なぜ先に△6二銀は危険なのか

△6二銀が危険な理由。それは、▲3三角成、△同 桂、▲2一角(A図)の筋が生じるからです。

 

【A図は▲2一角まで】

A図以下、
△4二玉、▲3二角成、△同 玉
▲4二金、△同 玉、 ▲2二飛成
△3二歩、▲2四歩 (B図)
となり、先手が良くなります。

 

【B図は▲2四歩まで】

 

先に△6二銀は危険だとわかったところで、第3図に戻って続きを見ていきましょう。
\\\\ ٩( 'ω' )و ////

 

【第3図は△4一玉まで】

第3図以下の指し手

▲3三角成、△同 桂、▲9六角
(第4図)

 

【第4図は▲9六角まで】

ここでは、▲3三角成〜▲9六角(第4図)と攻めてきた場合を見ていきます。

 

▲3三角成の変化は後手にとって怖い変化です。しかし、△8五飛車戦法を指す上で避けて通れません。

 

重要だからこそ、基礎知識編で3つに分けて記事を書いていきます。

 

第4図以下の指し手

△6五飛、▲6六歩、△6四飛
▲6五歩 (第5図)

 

【第5図は▲6五歩まで】

世の中にはこう考える人とこう考える人がいます。

・「歩がタダだーーーーーー!!」という人٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

・「ただほど怖いものはない・・・」という人( ꒪⌓꒪)

 

 筆者は道場に通っていたとき、「ただほど怖いものはない」と教えていただいたことがあります。

 

そこで、後手は△8四飛(第6図)と逃げます。

 

【第6図は△8四飛まで】

 

でも、「ただの歩(6五歩)を取ると後手にどんな悪影響があるのか?」という疑問を持つ人も少なくないので、紹介しておきます。

 

もし▲6五歩を△同 飛と取ると?

▲7七桂、△6四飛、▲6五歩(参考図3)となり、一歩得ですが桂馬を跳ねさせたことで後の△4四角の飛車・香取りの筋を消してしまいます

 

▲6五歩のタダ捨ては、後の角筋を消すための捨て駒だったんですね。((((;゚Д゚)))

 

【参考図3は▲6五歩まで】
 

 

では、第6図に戻って続きを見ていきます。

 

【第6図は△8四飛まで】

第6図以下の指し手 

▲6三角成、△5二金 (第9図)

 

【第9図は△5二金まで】

ここで、後手には、

・▲2七馬

・▲3六馬

・▲9六馬

の変化があります。

 

これ以上書くと長くなってしまいますので、その3つの変化については、「横歩取り△8五飛戦法の基礎知識その1〜3」に書いていきます。

 

 

まとめ

今回は、「【将棋 戦法】横歩取り△8五飛戦法の基礎知識その0」をご紹介しました。

 

この記事でお伝えしたいことは次の2点です。

・△6二銀は危険である点

・ただ捨てほど怖いものはないという点

 

タダで駒を渡す手には、「何か狙いがあるのでは?」と疑問を持つ習慣をつけると棋力アップにつながるでしょう。(。・Д・)ゞ

 

最後まで、この記事をお読みいただきありがとうございました。
(*´ω`)ノ またネ