シキ趣味ブログ

本ブログでは、気ままに趣味をやっていて、学んだことを発信します。

【将棋 戦法】横歩取り△8五飛戦法の基礎知識その1

【スポンサーリンク】

f:id:shougioden:20180309203809p:plain

こんにちは、マッキーです。

 

www.msk-shougi.com

 

本記事は、上記の記事の続きとなっております。

まだ読まれていない方は、上記の記事も合わせて読まれると、本記事の理解もより深まると思います。

 

 

本記事のテーマ

【第1図は△5二金まで】

 

 基礎知識その0では、第1図までの展開をご紹介させていただきました。

 

・その1では、▲2七馬と逃げた場合。

・その2では、▲3六馬と逃げた場合。

・その3では、▲9六馬と逃げた場合。

を記事別にご紹介します。

 

今回は、▲2七馬と逃げた場合についてご紹介します。

 

 ▲2七馬と逃げた場合

 【第1図は△5二金まで】

 第1図から、

▲2七馬、△4四角、▲8八銀
△2六角、▲同 馬 (第2図)

 

先手が ▲2七馬と引いてきました。

 

「馬を作られても後手悪くならないの?」
( ˘・з・)

 

後手の狙い筋の△4四角があるので、先手に馬を作られても形勢バランスが十分取れています。

 

▲8八銀では、 ▲2四飛(参考図1)も有力なので、後に記述します。

 

【参考図1は▲2四飛まで】

 

後手は、▲8八銀に対し、2六角からあっさり飛車角交換します。

 

その理由は、次に先手に狙いの一手があるからです。

 

では、いったん第2図から次の一手を考えてみましょう。 

 

【第2図は▲2六同馬まで】
 

  ・

  ・

  ・ 

 

急所の △6六歩

【第3図は△6六歩まで】
 

 △6六歩が急所の一手です。

 

△6六歩はどのような狙いを秘めているのでしょうか?

 

△6六歩の狙いを順にご紹介します。

 

△6六歩の狙いその1

【第3図は△6六歩まで】
 

先手が第3図の次に▲9六歩のような手を指すと、
▲9六歩、△2八歩、▲同 銀
△6七歩成、▲同 金 (参考図2)

 

【参考図2は△7八飛まで】

参考図2からわかるように狙いの1つは両銀取りです。 

 

△6六歩の狙いその2

【第3図は△6六歩まで】

その2では、その1の狙いである両銀とりを防ぐため、 第3図から▲9六歩ではなく、▲6八玉と受けるパターンを見ていきます。

 

第3図以下の指し手

▲6八玉、△8六歩、▲同 歩
△同 飛、▲8七銀、△6七歩成
▲同 玉、△6九飛、▲5八玉
△8九飛成 (参考図3)

で後手が一気に優勢になります。

 

【参考図3は△8九飛成まで】

 

△8五飛戦法優秀〜!!╰(*´︶`*)╯

 

△4四角に対して、▲8八銀と受ける手は、△2六角〜△6六歩が厳しく、後手がさせる展開になります。

 

ということで、△4四角に対し、先手が▲2四飛と浮くとどんな変化になるのか見ていきます。\\\\ ٩( 'ω' )و ////

 

▲2四飛の変化 

では、第1図に戻って▲2四飛の変化を見ていきましょう。
ヾ(。>﹏<。)ノ゙

 

 【第1図は△5二金まで】

第1図以下の指し手

▲2七馬、△4四角、▲2四飛
(第4図)

 

【第4図は▲2四飛まで】

第4図以下の指し手

△2三銀、▲4四飛、△同 歩
▲8八銀、△4五歩 (第5図)

 

【第5図は△4五歩まで】

最後の△4五歩が大事な一手で、先手の馬の動きを封じています。

 

△2三銀のところ△7七角成の方が面白そうじゃない?

 

確かに、△7七角成から飛車を取る△2四飛が気になります。

しかし、△7七角成に対し、▲同金(同桂だと、8九飛の隙が生まれるから)、△2四飛、▲2六歩(参考図4)で次の8一馬を見せられ、後手がつまらないです。( ꒪⌓꒪)

 

【参考図は▲8一馬まで】 

 

なるほど!
▲8一馬が残っているのが痛いのね。

 

ところで、こんなに記事が長くなったのに、ここまで読んでくれる人っいるのかな?

 

痛いところをつかれた・・・( ꒪⌓꒪)
読んでくれている人がいなくても、記事を書き続けるよ・・・。

 

読まれていなくても、書き続ける精神で書いていきます。('ω'*)

では、続きを見ていきましょう。
\\\\ ٩( 'ω' )و ////

 

【第5図は△4五歩まで】
 

 第5図以下の指し手

 ▲5八金、△6二銀、▲7七銀
△6三銀 (第6図)

 

【第6図は△6三銀】

ここでのポイントは、右銀をじわじわ使っていくことです。

 

右銀をじわじわと使う理由としてあげられることは、後手には次の2つの利点があるからです。

・飛車を手持ちにしている点

・歩の利く筋が多い点

これにより、先手の駒が上ずると(6五の歩を守ろうとすると)、陣形にスキができてしまいます。

 

【第6図は△6三銀】
 

第6図以下の指し手

▲6七金右、△9四歩、▲6八玉
△9五歩 (第7図)

 

【第7図は△9五歩まで】

第7図に注目してみてください。

 

先手陣が少しずつですが、うわずってきています。

今がチャンスです。╭(๑•̀ㅂ•́)و

 

△9四歩〜△9五歩(第7図)が好着想です。

これで9筋から端を攻めることができます。

 

端攻めのよくある例

どのように端を攻めるのか例を挙げます。

先手が▲6六銀(第8図)とでてきたとします。

 

【第8図は▲6六銀まで】

【第8図以下の指し手】

△8六歩、▲同 歩、△9六歩
▲同 歩、△9八歩、▲同 香
△9九飛、▲8八金、△9六香
▲9七歩、△8七歩 (第9図)

 

以上から、先手は駒組みを進めると、スキが生じやすくなっていることがわかります。

 

ゆえに、後手の方が駒組みがしやすいです。

 

横歩取り△8五飛戦法優秀ですね。(◜௰◝)

 

まとめ

 今回は、「【将棋 戦法】横歩取り△8五飛戦法の基礎知識その1」をご紹介しました。

 

▲2七馬に対しては、慌てずじわりと陣形を組み立てていくことが良さそうです。

 

 次の記事では、▲3六馬の変化を見ていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。